2010年07月04日

Mr.Children『and I love you』



and I love you

Mr.Children


飛べるよ 君にも
羽を広げてごらんよ
一緒に行こう さぁ準備を
ほら 早くしておいでよ
はぐれずに付いて来れるかい?僕に
君には従順を 僕には優しさを
互いに演じさせて 疲れてしまうけど
それでも意味はあるかい どう思う?
今も欲しがってくれるかい?僕を
傷付け合う為じゃなく
僕らは出会ったって言い切れるかなぁ?
今 分かる答えはひとつ ただひとつ
I love you
and I love you
and I love you

未熟な情熱を 何の保証もない明日を
信じて 疑って 足がすくんでも
まだ助走を続けるさ 今日も
一緒に超えてくれるかい 昨日を
もう一人きりじゃ飛べない
君が僕を軽くしてるから
今ならきっと照れないで
歌える 歌える 歌える
I love you
and I love you
and I love you

どうしようもなく急に一人になりたい時があり
屋上で月を眺めてた
君に想いが強く向くほど 臆病になるのが分かって
素直には認められなくて
でも 君が僕につき通してた 嘘をあきらめた日
それが来るのを感じたんだ
未来がまた一つ ほらまた一つ
僕らに近づいてる
I love you
and I love you
and I love you











posted by LIKE A STAR at 12:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 心に響く『歌詞』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月15日




Aqua Timez


大丈夫だよ見上げればもう
大丈夫ほら七色の橋
やっと同じ空の下で笑えるね

靴紐を結びなおす時
風が僕らの背中を押す
空がこぼした光の向こうに
あのユメの続きを描こう
左胸の奥が高鳴る
期待と不安が脈を打つ
本当に大丈夫かな
全て乗り越えてゆけるかな

大丈夫だよ見上げればもう
大丈夫ほら七色の橋
涙を流しきると空に架かる
ねぇ見えるでしょ はるか彼方に
僕にも見える 君と同じの
二つの空が いま一つになる
やっと同じ空の下で笑えるね

別々の空を持って生まれた
記憶を映し出す空
君には君の物語があり
僕の知らない涙がある
もしかしたら僕が笑う頃に
君は泣いてたのかもしれない
似たような喜びはあるけれど
同じ悲しみはきっとない

「約束」で未来を縁取り
コトバで飾り付けをする
君は確かな明日を
きっと誰より欲しがってた

巡る季節のひとつのように
悲しい時は悲しいままに
幸せになることを急がないで
大丈夫だよ ここにいるから
大丈夫だよ どこにもいかない
また走り出す時は 君といっしょ

「涙のない世界にも その橋は架かりますか?」
壁に刻まれた落書きは
ダレカの字によく似てた
悲しみを遠ざけることで 君は
橋を架けようとした
けれど 今 傘を捨てて目をつぶる

だいじょうぶ

大丈夫だよ見上げればほら
大丈夫ほら七色の橋
涙を流し終えた君の空に
ねぇ見えるでしょ色鮮やかに
僕にも見える君と同じの
絆という名の虹が架かったね
そして
二つの空がやっとやっと一つになって
僕らを走らせるんだ









posted by LIKE A STAR at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 心に響く『歌詞』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月27日

『GIFT』



GIFT

Mr.Children


一番きれいな色ってなんだろう?
一番ひかってるものってなんだろう?
僕は探してた 最高のGIFTを
君が喜んだ姿を イメージしながら

「本当の自分」を見つけたいって言うけど
「生まれた意味」を知りたいって言うけど
僕の両手がそれを渡す時 ふと謎が解けるといいな
受け取ってくれるかな

長い間君に渡したくて 強く握り締めていたから
もうグジャグジャになって 色は変わり果て
お世辞にもきれいとは言えないけど

「白か黒で答えろ」という 難題を突き付けられ
ぶち当たった壁の前で 僕らはまた迷っている 迷ってるけど
白と黒のその間に 無限の色が広がってる
君に似合う色探して やさしい名前を付けたなら
ほら一番きれいな色 今君に贈るよ

地平線の先に辿り着いても 新しい地平線が広がるだけ
「もうやめにしようか?」自分の胸に聞くと
「まだ歩き続けたい」と返事が聞こえたよ
知らぬ間に増えていった荷物も
まだなんとか背負っていけるから
君の分まで持つよ だからそばにいてよ
それだけで心は軽くなる

果てしない旅路の果てに 「選ばれる者」とは誰?
たとえ僕じゃなくたって それでもまだ走ってゆく 走ってゆくよ
降り注ぐ日差しがあって だからこそ日陰もあって
その全てが意味を持って 互いを讃えているのなら
もうどんな場所にいても 光を感じれるよ

今君に贈るよ 気に入るかな? 受け取ってよ 
君とだから探せたよ 僕の方こそありがとう

一番きれいな色ってなんだろう?
一番ひかってるものってなんだろう?
僕は抱きしめる 君がくれたGIFTを
いつまでも胸の奥で ほらひかってるんだよ
ひかり続けんだよ









posted by LIKE A STAR at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 心に響く『歌詞』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
http://www.yyc.co.jp/af/f4a549bb/

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。